2020/03/10 17:36



WMT本国のHPを覗かれた事がある方はご存知と思いますが
WMTの最大の特徴はカスタマイズ

ベースとなる3型から選び、ケース、ダイアル、針、ベゼル
それらを組み合わせて自分だけの1本を作る事が出来ます
さらに、そのパーツ個別にエイジド加工を施せます
そのバリエーションは、果てしなく無限に近いです

当店を含めた全世界のWMTのディーラーは
全てそれぞれでカスタマイズを考えてオーダーして
完成したカスタマイズをプロダクトとして販売しております。
そこには、そのディーラーの好みやセンスが表れます

当店のオーナーはカスタマイズは、引き算と言います。
パーツが色々選べるとなると、ついつい欲張ったカスタマイズになりがちです
そこで、少し物足りないかな?と思うぐらいが
プロダクトとしては、長く愛用頂けるカスタマイズになると言います。

そして、時として掛け算も必要だといいます
それは、本国のHPからはカスタマイズ出来ない組み合わせを
特別にオーダーするスペシャルです。

今回ご紹介するカスタマイズは、新境地なスペシャルカスタマイズです。






ベースは、シーダイバーです。
一見してどこが、特別なオーダーかお分かり頂けますでしょうか?






こちらが、既存のシーダイバーです。
お分かり頂けましたでしょうか?








実は、クラウン(リューズ)が違うのです。











ビッグクラウンが代名詞のシーダイバーをわざわざ、ロイヤルマリンのクラウンをセットしてもらいました。









もちろん、ビッグクラウンが最大の魅力でもあるシーダイバー。
ところが、スモールクラウンになる事で更に小ぶりに感じ
よりヴィンテージ感を強調する事が出来ました。








ヴィンテージの代名詞とも言えるトロピカルダイアルに
ベゼルと針をエイジド加工、さらに今回はケースまでエイジド加工に拘りました。









特別オーダーなので、今現在定番にする予定はございません。
シーダイバーの大きさが良いが、逆にリューズが大きいと言うお声も少なくありませんでした。

こんなに小ぶりでヴィンテージ感のある時計は類を見ません。

やや地味なスペシャルカスタマイズですが、オーナー大プッシュの1本です





ミゾラーウォッチマン 溝口